小正月

画像
今朝起きると、母が小豆粥を作ってくれてました。
恥ずかしながら知らなかったのですが、元日を『大正月』と呼ぶのに対し、今日1月15日を『小正月』と呼ぶこともあるそうですね。
この小正月までが本来の松の内で、この日の朝には、昔から小豆粥を食べる習慣があったとか。

地方によって今でも、「1年中病気をしないように」や「豊作祈願」、「お正月の家事に忙しかった女性の骨休め」の意味などで、お粥をいただく風習が残っているそうです。

朝はパン党(おやつ党?笑)な私も、今朝は小豆粥を食べました。

ただ私、小豆はそんなに好きじゃないんですよね・・笑
つぶあん苦手ですし。
お赤飯などは、もち米好きなので食べますが、小豆の少ない部分を選ぶし(-_-)笑

でもお粥なので、さらっと食べちゃいました。ほんのり塩味が効き、胃に優しくホッとします♪

昔ながらのいろんな風習を意識しすぎるのは好きではないし、時代に合うもの合わないものはあると思いますが、こういう、ちょっとひと息つけるような伝統、大切にしていきたいです。
朝からお勉強しました☆笑

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
ナイス

この記事へのコメント

2009年01月15日 19:39
大事な日本の風習なのに、知らなかったです。でも、おかげでとっても勉強になりました。ありがとうございます。
小豆粥は食べたことがありません。小豆というとどうしても甘いイメージがあるので、塩気のあるお粥、とっても食べてみたいです。
2009年01月15日 19:56
お赤飯のお粥バージョン??なんですね~
七草粥は一般的ですが、小豆粥の事は私も知りませんでした
お母様、しっかり習わし事を受け継がれていて素敵ですね
お正月からずーっと食べすぎている私も、そろそろ胃が悲鳴をあげそうなので、やさしいお料理でいたわってあげないと・・・(^^;
2009年01月15日 21:15
こんな風習があったのですね。こういうことをきちんと教えてくださるお母様、素敵です☆。

お赤飯のお話、「一緒だ~」と思いながら読みました。私も小豆はなるべくよけてもち米のおいしいところだけを…なので(笑)。でも、お粥になっていたらまた違う味わいでしょうから食べてみたいです。
2009年01月15日 22:03
小正月初めて聞きました♪
伝統を大切にされてるお母様ですね(*´д`*)

小豆とことん嫌いなんですねw(*` 艸 ´)
ひな
2009年01月15日 23:35
小正月って言葉は聞いたことがあるけど、意味までは知りませんでした。
こういう昔ながらの伝統って代々受け継がれていくものなのでしょうけど、今の時代は受け継がれにくい時代ですよね
うちの実家もそこまで伝統行事を大事にしている家庭じゃなかったので、知らないことが多いです。

でも、まひろさんのお母様ははこんな素敵な伝統を知っていて、それをちゃんとされているって尊敬しちゃいます

ステキなお話ありがとうございました
ちょび
2009年01月16日 08:30
わぁ~ふっくらとした"小豆粥"体も心もあったまりそうで、ホッとしますね
私も実家暮らしの時は、母が作ってくれていました。でも、その時は全く興味がなく、朝食に小豆粥が出てくると不満そうに・・・今になって、こういう昔ながらの伝統行事の良さを実感しています。大切なことですよね。これから勉強して引き継いでいきたいなぁ~と思いましたッ!!

今年一年元気な年になりますように・・・・
まひろ
2009年01月16日 14:08
☆あっきぃさん☆

私も知りませんでしたが、こうしてひとつひとつ知っていく機会、大切にしたいですなかなか、普段の生活で学ぶことが減ってきてますよね

ほんのりした小豆本来の甘さは残っていますが、普通のお粥のようにシンプルですよ
まひろ
2009年01月16日 14:11
☆くだもさん☆

もち米ではありませんが、赤飯のお粥バージョンと変わりません

七草粥は有名ですが、こちらは、もう習慣にないところもわりとあるみたいです。ちょっとさみしいですよね

食べ物に関して?は受け継ぐ母です

胃にはちょうどいいかもしれませんよ
まひろ
2009年01月16日 14:14
☆のんきものさん☆

小豆苦手、一緒ですね~
小豆粥は、お赤飯と同じ感じですが、お粥だけあって、さらっと食べられるので、赤飯ほど小豆が気にならないかもしれません

全く知らずに、「小豆粥~!」と思ってた毎年…
まひろ
2009年01月16日 14:17
☆くまーさん☆

母はかなりの田舎生まれなため、こういう風習をきっちり受け継いでたのかもしれません私もまた、つなげていけたらいいな。

小豆、食べられなくはないですよでも、きんつばとか、つぶあんの大福とか最中とか・・・無理です
まひろ
2009年01月16日 14:21
☆ひなさん☆

いえいえ、こうして皆さんで知っていけたら、一番うれしいですよね私も教えられても、今までは「ふ~ん」て聞き流してた気がします
知ってると、ちょっとしたイベント感覚になって楽しいので、これからも受け継いでいきたいです

きっと知らない伝統、まだまだたくさんあるでしょうね
まひろ
2009年01月16日 14:24
☆ちょびさん☆

朝から胃に優しく、温まりました心もほっとなごみますよね

ちょびさんのところも、お母さんが作ってくれてたのですね。同じく、不満でしたよ・・・何も知らなかったので
でもこれからは、いろんなこと知って、繋げていきたいです

この記事へのトラックバック